器工房徨月について

略歴

■鹿児島市生まれ 在住


■2003年 鹿児島市の陶芸教室にて陶芸を習い始める

■2005年 鹿児島県工業技術センターデザイン工芸科 陶磁器製造技術 長期課程修了

■同年 独立「器工房徨月」開窯

■同年 ギャラリー月のテラスをオープン

 

現在、イベントや個展を中心に活動中

徨月とは

徨月(こうげつ)とは

「行きつ、戻りつする月」という意味です。


自分だけの想いに固まりすぎず

常に自問自答しながら器作りを続けたい

と思って屋号にしました。


屋号の通り、こんな物も、あんな物も作るんだ!

と言ってもらえるような

多様な器の可能性を提案していけたらと思います。

器について

徨月の器は「日常食器」です。ご家庭や、おもてなしで食器として使ってもらえることを目指して作陶しています。

 

そのため、すぐに使えるように器はすべて高台のヤスリかけ、防水処理を済ませたうえで販売しておりますの。

ご家庭ではそのまま普通に洗って使い始めてください。

(目止めはしないでください)

 

レンジでチン!や、食洗機はあまり気にされない方はどんどん使われています。

直火とオーブンは破損の原因になりますのでおやめください。